FC2ブログ

転職の報告

あらしをされたので、書かないでいようかと思ったのですが、
ありがたいことに心配をして頂いている方もおられるようなので、
最後の記事を書く前に、転職の報告をしておこうと思います。

すでに転職済みです。
すごくよい会社に入ることができました
驚いたのは、全ての条件が好転しました
有休もみな消化しているというくらいで、福利厚生も良いです。
会社の社風もすごくなじみやすくて、あっという間になじんでいます
これまでがひどすぎたのかもしれないです

配属先は、技術開発部。
小さな町工場でやっていたので、そんな高度な仕事に携わるとは思わなかったです。
でも今は20代の人たちに混じって、いろんなことを学んでいます。

ところで転職活動に入り、たくさんのエージェントからオファーが来るのは、僕が知らなかっただけで、誰でもみたいですね。
また若かったら、職歴が無くても、登録しているだけで、スカウトだらけになるそうです

エージェントは、僕の面接のたびにやってきては、横に座ってました
エージェントってみんなヒマなんでしょうか
僕は営業や面接になると強いので、面接まで進めば100%内定が出ました
だからあまりエージェントに来てもらうと断りにくいので、ちょっととまどいました
今回の会社も書類審査に進んだ5人の中から選ばれました
すごい技術を持つ会社だけどかなり畑違いなので、
今度は無理だと思っていたんですが、あっけなく二次面接に進み、
内定が出てびっくりしました

転職をして思ったのは、どんでん返しもあるんだなぁと。
たいした経歴ではないと思っていたら、評価された
今まで報われることなく一生懸命働いていたことが、
こういう機会で報われるのかと思いました
やっぱり一生懸命まじめに誠実に生きていくことって大切だと感じました
これからも、この気持ちを忘れずにいようと思います
スポンサーサイト



大手か中堅か

いやぁ、就職活動って、時間かかりますね
もっと早く終わらせて受験勉強に戻りたいと思っていたけれど、これじゃ、二ヶ月かかりそうです
ゴールデンウィークが就職戦線が休戦になって、まるまるつぶれるのも痛い
けれど、いちばん痛いのは、また製造業にもどるのかということかも
開発と生産管理と営業の経験をしている人は少ないらしく、稀少がられるのは複雑な心境です
大手で名誉のワンオブゼムで頑張るか、中堅企業でフルにバリバリ頑張るかの決断は来月になりそうです
ひょっとして別の職種になるかもしれませんが

ところで転職もあり、非常にバタバタしてしまい、これからの将来求められることを考えると、診断士の勉強+これからの職業上の勉強、が必要になってくるため、目標を変えます
立場が変われば、求められるものも変わり、あるべき自分の姿も変わってきます
目標を変えるのは仕方がないですね
また次の更新で書くつもりです

転職活動中

今、転職活動真っ最中ですが、おっさん年齢のおかげで、ほとほと
異業種への参入障壁を痛感させられる毎日です。
「15年近く機械いじりをしてきたので、もう製造業はいい」って思うのですが、
年齢だけで全ての異業種への挑戦の夢は絶たれてしまうようです。


でも、これまでの製造業での実績は評価されるらしく、
これまで仕事のことを独学で勉強し、実績を残してきて良かったな
って思います。

先日は工場長を約束されてのオファーがあったり、
飛行機を作るメーカーからオファーがあり、
自動車関係やエージェントからも連絡がいろいろあります。
工場長は、社長さんが夢をきちんと語れなかったので断りましたが、
今もいろいろと応募しています。
でも、製造業は勤務地が地方のことも多くて、なかなか
希望・理想の仕事にたどり着くのは時間がかかりそうです。
時間がかかっても、やっぱり夢を感じられるところで働きたいですね

やっぱり、過去に特許を色々出したりしたことは良いみたいです。
国のデータベースに実績が残っているというのはありがたいです。
過去の実績がネットのマスコミ情報で残っているのもありがたい。
新製品の時にやったパブリシティの効果が今頃出ています。
特に環境問題に取り組んだり、画期的な製品を出したことは評価されるようです。


しかしエージェントによっては方針がまるで違います。
職務経歴書は、わかりやすく短く簡潔に、かつ具体的に(どないせっちゅうねんって感じですが)というエージェントもあれば、空白が見えなくなるくらい事例を挙げて具体的にというエージェントもあり、そのたびに指摘通りに職務経歴書を書き直しています

失職

先日、環境の変化について書きましたが、ようやく決まりました
社長は役職を用意してきましたが、飲めない条件もつけてきたので、お断りをしてきました
結果は長年働いてきた職場を辞めることになり、今月で失職に・・・

最近、ストックホルム症候群という言葉があると聞きました
長年一緒に働いていると、犯罪ではないものの、常識が麻痺してしまうこともあるようです
この言葉を知った時、なんだか、なんとなく似ているような気がしてました

去年、民事再生を何度もくらったから、会社も大変なんだなぁって思いながら、診断士受験で勉強した知識を(たいしたことないけど)動員して協力してやってきました
けど、会社で働いている者が会社を思って給料返上しているのに、社長がその金で株を買っていたりしたら。。。
これからは財テクでもうけた金で給料を出す、とか言われたら。。。

それだけではなく、そのほかにいろいろありましたが、やっぱりストックホルムかもしれないですね
(これは僕だけに限った話ではないので、さらにこまったものです)

小さな企業は上と下が近くて、人も悪くない場合はずっとなあなあで行くので、自分を失わないためにも、一線を画さないといけないと思い、判断してきました
昔はみんなもっと理解し会える人たちだったから、ちょっとやっぱり残念な気もします
これからは当分陰口がひどくなることと思うけれど、これも人生の通過点になるのだろうと思います

さぁ、これから再就職活動
この年で、このキャリアで、どこが雇ってくれるのだろうか
空元気でも出して、名言でも書いてみようと思います
人間万事塞翁が馬 

変化に対応しなくては

働いていると3月4月は様々な変化が起こる季節
そういう僕も激動に巻き込まれそうな状況になってきました
変化については、ここでも報告することになると思います
冷遇の記事の続きみたいな感じですけど

よく思うんですが、僕はあまりまわりに期待したことはない
「こうなればいいな」「ああやってもらいたいな」なんてあまり期待しない
実力は発揮したいけれど、実力を認めてもらおうとも思わない
毀誉褒貶もさほど求めてない
でも、自分のやった結果には、自分が誇りをもてるようにしたいと思う
おぉ、ナルシストなのかな^^;

とりあえず今、自分の環境が変化している状況なので、とても落ち着かない状態です
でも、変化に対応しながら、よりよい方向に向けて生きていこうと思ってます
ちょっと観念的な話になってしまいましたが、とりあえずまた報告することになると思います
ひょっとしたら診断士を断念することにつながるかもしれないですけど

でもまぁ今までさんざん努力して報われなかった経験も多いので、もしそうなっても仕方がないなと思いながらも、勉強してます
それもまた人生の一つの過程だろうし
なんだか老人みたいですね^^;
でも、どんな状況になっても、自分は自分で変わらないように、必死で頑張る自分でありたいと思ってます

でも診断士の勉強は、一生役立つような気もします
ほんとこの資格勉強は素晴らしいことだとも思っています