FC2ブログ

「正規化」の理解、独学では難しかった~

経営情報システムで、正規化というものを初めて学んだ

はっきりいって、TACの教科書ではわからず、TBCの教科書も引っ張り出してきたけど、なかなか理解できず、結局シスアドの本も読んだけど、例題が解けず、今ひとつわからなかった

もったいないことに2時間以上の貴重な時間をまったくの無駄にし、途方に暮れて、今、ネットで探したら、やっと理解できるサイトに出会えた!

独学者(ドイツ学者ではない)には、わからないと聞く相手がいないとほんと途方に暮れることが多いけれど、ネットはほんとありがたい

ここのサイトの管理人さんに感謝すると共に、記念にリンク貼っておきます

SQL攻略 - 実行すれば理解できる! 基本情報、シスアド対策に最適
スポンサーサイト



財務拷問 -torture-

やっと財務会計の問題集をひととおり終え、今は経営情報システムにはいってますが、財務会計の独学での勉強は、なんだか拷問のような感じでした
教えてもらえる人がいれば簡単にわかると思うのですが、久しぶりにΣを使う式とか、標準偏差とかがでてきて、かなり驚かされたものです

また、鉄ばかりいじってきた身には、今まで一度もみたこともない内容だったり、難解というか全く不慣れな分野なので、はじめて見る内容に脳が完全に理解不能と拒否反応を起こし、勉強の過程は大変苦痛でした
身体も精神も拒否反応を起こすのか、何度も睡魔に襲われ、時には睡魔と戦い破れて気を失ったり(苦笑)、時には意識朦朧の中勉強をしたり、記憶に残すのが一苦労で、ほんと拷問のような勉強だった気がします
でもなんとか乗り越えられた

あとはこれから何度か同じ問題を解き、さらに別の問題集で肉付けをしてゆく予定です
肉付けも大変だと思うけれど、一番しんどいところが終わった気がするので、すこし気が楽になりました

しかし財務の公式は、記号に変換した式をおぼえるのはむずかしく、日本語のまま式をおぼえた方がわかりやすいですね~

さてさて、がんばろ~

計画的別冊化

財務

財務会計のスピード問題集、ついに破ってしまいました
解けなくて悔しくて破り捨てたわけではなく、能率良く勉強できるように、一冊を二冊にわけました
こうすれば、問題集と解答集が別冊になり、こうすると答え合わせをするのに、とても便利です
計画的別冊化です^^
きれいな問題集を丁寧に使うのもいいとは思いますが、僕は問題集も本も教科書も、道具(マテリアル)と考えて使ってます
いかに便利で使いやすくするか
TACのスピード問題集はこれができるので、けっこう気に入ってます

動作研究ではないけれど、問題ごとに閉じては解答を探すという動作を省けるので、ちょっとした時間の節約ができます
受験生にとっては時間はほんと貴重品です
もっておられる方、ぜひ、おためしを
って、あんまりすすめられないかな^^;

計画的陳腐化2

計画的陳腐化の話ですが、もう一つ書きたくなったので書きます

冷蔵庫の話があります
僕は冷蔵庫はだいたい10年程度で壊れるようになっているのではないかと思います
センサーなどの部品劣化で、修理を呼ぶと、10年以上たってますから、あたらしいものに買い換えした方が消費電力も少なく、修理費用を考えるとそちらのほうがお得かもしれないですよ、と言うことが多いです
僕の実家の冷蔵庫は、10年以上たって2回壊れ、上記のセリフを2回聞き、僕の修理二回で20年近く動いています

今はやりの10年間掃除のいらないエアコンがいろいろ出ているようですが、たぶん、10年掃除はいらなくても、修理費(期待値的に)はいるかもしれないですね
余計な機能がついたぶん、全体の故障率は余計にたかくなりますので、買うならそれを考慮して買うといいと思います

あと、何気なく使っているリモコンや操作パネルも、計画的陳腐化の品質設計に入ってますね
最近リモコンが壊れれば使えなくなる製品が多いので、そのときが買い換えどきですよーってな感じですね

けど、不思議なことにエアコンだけは当たりはずれもありますが、メーカーによって、よく壊れるメーカーとしっかりしているメーカーがありますねー
モーターを作っているメーカーがいい、というのはよくいう話ですが、老舗も専業メーカーもなかなかいいですね
蓄積されたフィードバックがあり、製品づくりも信頼できるようですね
でも老舗でも、かなり適当な作り方をしているところもありますが。。。

余談ですが、食洗機について
最近、数多くのメーカーは食器洗い機は、水の消費量が10分の一で経済的ということをうたっている商品が多いですね
けれど、実際公共の消費センターかどこかでいろいろな食洗機を集めて行った試験では、消費水量は手洗いとかわらなかった、もしくは多かったという結果が出ています
結局は同じくらいきれいに洗おうとすれば、節水効果はほとんどなかったということですね
高価な機材と洗剤を使い、省けるのは手間だけ(でも便利なので我が家は使ってます^^;)
 
今の時代、食洗機もそうですが、冷蔵庫やエアコンは電気効率が上がっている、これを買えば節約になりますよーとい話をよく聞きますが、どうもおかしいと思えることが多いです 
話半分(節約効果は表示の半分)で考えた方がいちばんよさそうです
車の燃費(10モード燃費と実際の燃費の違い)のように・・・

計画的陳腐化

勉強しているときに 計画的陳腐化 という言葉が出てきたけれど、僕は家電の修理も時々やるので、非常にこの言葉の意味がよくわかります

わかりやすい例としては、ビデオデッキがあります
以前、とある日本国内一流メーカーのビデオデッキを家で使っていたのですが、これが急に動かなくなった
そこで僕が修理をすることになり、ふたを開けて分解していると、どうも動作する部分の異常のようで、さらに部品をはずしてゆくと、なんと、モーターと駆動部のプーリーが輪ゴムのようなベルトで動力伝達されており、その輪ゴムのようなベルトが伸びてはずれていた。。。
みるからに、経年劣化によるゴム部品の消耗で、これを家にあった輪ゴムに変えるだけできちんと動作するようになった
なので、大阪日本橋の電気パーツ店に行き、駆動用のゴム部品(50円)を購入し、取り替えたら、それから2年近く使えた。

けれど、動力伝達に安っぽいゴムベルトを使っているなんて、ちょっとショックだった
これでは3年もったらいいほうです
5年持ったら、かなりラッキーです
一流メーカーでもこんな事をしているなんて、って思ったものです
修理に出せば、ふたを開けて調べる技術料だけで1万円ちかくするので、結局買い換えになります
企業の社会的責任からか、省エネ、環境保護、リサイクルといいながら、実際作っている製品は計画的陳腐化による製品ライフサイクルを仕組まれ、結局は大量生産・大量廃棄の現状はこれからも変わらないでしょうねー

財務会計の問題集

独学人は、いろいろな教材を自分で選べるのが楽しいですね^^

今日は、財務会計の問題集、日本マンパワーの問題集をゲットしてきました
3150円は高かったけれど、やっぱり自分の気に入った問題集なので、ゲットしてきました
この問題集は、僕にとって、ものすごくすばらしい問題集に見えます
本の作り方がまずいいですね
問題のすぐあとに解答ではなく、問題の次のページが解説です
それも詳細な解説であり、内容もとてもうまくまとめられていますね
そして、そのあとに解答があり、問題を読んでいて解答が目に入るということはないので、こういう形が僕は気に入ってます
ぜひなんどか繰り返し解こうとおもってます
本の著者が「金高」という人の名前があったけれど、なんだか有名な先生っぽいですね

あと、企業診断のバックナンバー12月号と最新号をゲットしてきました

ところで、マンパワーの問題集は難波の大きな書店では置いていないので、わざわざ西梅田の堂島のジュンク堂まで行ってゲットしてきました
内容を確認したかったので、往復の交通費500円近く支出したけれど、満足のいくものが買えたので、そのくらいの投資は仕方ないですねー

でも、今日は家庭教もあり、ほとんど勉強できず。。。
明日は勉狂しまくろうとおもっています
明日で財務会計一通り終わらせるつもりです(問題集は、もうすこし先ですが。。。)

しかし財務会計の教科は、簿記を勉強していなかったら、相当時間をとられていたと思います
180時間で合格という本なんて、かなり無理があるということがつくづくわかります
簿記をしたことがなかったら、財務会計を一週間で一通り理解するなんて、夢の世界です
たぶん、簿記をしたことがなかったら、財務会計だけで一ヶ月近くかかったかも。。。
簿記をやっててほんとよかった

でも、僕は簿記三級の勉強はしていないので、簿記三級はどんな内容を勉強するのかよくわからないのですが、工業会計があることを考えると、やっぱり簿記2級の勉強は、合格不合格にかかわらず、やっておいていたほうがいいのでは、って思います

ちなみに、先日商工会議所から証書をもらってきました
合格日が受験日になっているのに、とまどいと違和感を覚えてしまいました^^;

砕氷船

今、財務をしているけれど、経済性計算にぶち当たって、はっきりいって籠城軍を攻めあぐねている城攻軍のようなものです
かなりてこずってます
財務会計がいちばん難関ではないかといわれるので、なるだけ具体的に理解したいと思い、いろいろな書籍を参照しながら読むと、これまたすごく時間がなくなっていきますね

今日丸一日で進んだのは教科書数ページ状態
これではいけないと思い、とりあえず砕氷船のごとく進んで行こうと思っています

しかし簿記の先生に「独学で簿記はきびしいよ」と言われていただけありますね
でも、とりあえずやるしかないですね
がんばらなくては

もうあと130日!

勉強を初めて20日がすぎてしまった
あと残すところ130日
けど、130日まるまる勉強に費やすことができればいいけれど、いろいろな行事や用事がはいってきて、なかなかそうもいかないはず
今の感触では、危機感一杯です
もっともっと頑張らねば!

正直なところ、来年資格ゲットという目標であれば、独学で今からの勉強で問題はないと思うけれど、年内目標なので、かなり危機感あります

とくに、一次試験はなんとかクリアーできると考えているけれど、2次試験に合格するための勉強を一次試験中にも織り交ぜようと思っているので、せっぱ詰まっている気分になります
時間的に残された時間は少ない状態で、無理にがんばって2次試験に力をそがれると、一次試験まで危ういと思うので、今、いかに頑張るかが勝負だと思っています

また2次試験はかなり難関のような姿が見えてきているので、気持ちが引き締まります
がんばろ~

付加価値額の計算式が?

今頑張っておりますが、付加価値額で悩んでおります

付加価値の計算

http://home.att.ne.jp/sigma/nike/shihyo.html
ex.中小企業庁方式
製造業及び建設業
 付加価値(加工高)=生産売上高-(材料費+買入部品費+外注加工賃)

http://www.ooaana.or.jp/kakushin/sinsei8.htm
付加価値額=営業利益十人件費十減価償却費

TACの教科書
付加価値額=経常利益+労務費+人件費+支払利息割引料-受取利息配当金+賃借料+租税公課+減価償却実施額


あいかわらずTACの教科書はいちばん長い^^;
けど、どれを覚えればいいんだろうか。。。

地震速報

大阪で地震 かなりゆるいです
勉強中8Fのマンション、ゆっくりゆれました

ランチェスター弱者必勝の戦略

ランチェスター弱者必勝の戦略というブックオフで105円で買った本を読んでますが、内容はかなり古いものの(ソビエト連邦が出てきた^^;)、いいことを書いてますね~
診断士の受験勉強にも応用できるかどうか考えながら読み続けています


兵力の小出しは損失が大きい
これは細切れ勉強はロスが大きいということなのでしょうか

弱者は自分の仕事に情熱を持ち、熱意に満ちて行動すべし
なんだかいいですね~^^
スポ根ですね

弱者は強い会社との競合を避け、勝ちやすき場面を選ぶべし
勉強にもあてはまるかもしれないですね

弱者は全体発想を避けて、要点を細分化し、攻撃目標を明確にすべし
これも勉強に当てはめられるかもしれないですね

弱者は力の分散を避け、重点主義に徹すべし
毎日の勉強は重点的に取り組む対象にしなさいということでしょうか

弱者は長時間労働に徹し、必勝の12時間、圧勝の14時間を投入すべし
12時間は全力投球で、14時間なら持久戦ですね^^;
根性の世界ですね

そのほかにも良さそうな言葉がたくさんあります

弱者は重装備発想を避け、軽装備と自由度の高さで勝負すべし
弱者は安易に人の力に頼らず、独自路線を開発すべし
弱者は一日三十分のお客様時間を作り、得意先の発展と利用者の幸せを祈り、感謝を態度で示すべし


なんだか最後の一文はいいですね
将来のお客さんのためを考え、また勉強できることに感謝しながら勉強をするというのは、なかなかいいことかもしれないですね

ちょっといまいちぴんとこないことしか書いていないですが、実際読めばなかなか応用が利きそうな内容が載っています
もし機会があればおすすめします
ネットで探せばいろいろ文献も出てきそうですね^^

記事削除

記事削除

財務会計を勉狂中

今日はなんとか勉狂してます(勉強ではなく)
今頭ぼんやりしてます

今日はTACのスピード問題集、財務会計、なんとか工業簿記の問題まで解けました
簿記2級の勉強(このときも実は勉狂でした^^;)をしていてほんと良かったです

問題数で言えば、問題集の半分程度終わりました
でも、これからがやったことのない内容&問題ばかり
これからが大変だろうなぁ~
簿記の先生が独学では今からでは無理だと言った理由がイヤというほどわかるのだろうか・・・
でも、今日は簿記2級の勉強でやったことの無かった「企業結合会計」と「税務会計」の基本だけは理解できた
この調子でいけるならいいんだけどなぁ。。。
けど、TACのスピード問題集は簡単すぎると言うし、でも、簡単すぎるからはじめはいいかもしれないし。。。
(けどほんと簿記2級の範囲の問題は簡単でした)

ところで、実際の試験では、電卓の使用はできるのでしょうか?
できなかったらめんどくさそうですね
どなたか教えて頂けるとうれしいです^^;
関係ないかもしれないですが、電卓って、こだわらないと使い勝手がかなり違いますね
僕は電卓を三つ渡り歩いて、やっとしっくりいく電卓を見つけました
5000円近く出費してしまったけれど、その価値はあると思える自分にあった電卓です(よく見かける電卓なので、やっぱり人気あるのかもしれないです)

さ、これからお風呂に入って、気分転換してもう一がんばりします
週末がんばるぞ~

勉狂したい

最近、ほんと勉強時間がとれなくて困っております
たったひとりで生きているならともかく、いろいろなことが身の回りにおこるので、なかなか勉強時間を稼げなくてほんとストレスがたまってます
昨日も今日も資格の勉強がほとんどできず、もうじき寝る時間
いったい何のために過ごす日だったんだろう。。。

中小企業診断士の試験まで、もうじき130日を切ります
頑張ろうと決めた時が「残り150日」だったので、すでに16日経過
すなわち与えられた時間の10%強の時間を使い切り、
残すところ89%程度の時間しかないです
10%の時間でどれだけ実力がついたか・・・

振り返って、考えるだけでなさけなくなってきます
このようなブログを作っておきながら、なかなか進まない勉強にはほんと正直なところ、やばいと思っています
山のような勉強量を確保しないといけないのに、こういう状態ではもうじき、はっきりいって戦わずして勝負がつくようなものです

できれば思う存分勉狂したいです
狂ったような勉強をしたい、すなわち勉狂をしたいです
そうでなければ、希望さえも見えないまま試験がやってきそう
いまでさえも簿記の先生方から「今から独学では無理」と言われているのに、なんでこんな時間の使い方しかできないんだろうか
ほんとストレスがたまります

これから自分のテーマは、集中して勉狂することだと思います
このブログは、息抜きでやっていくつもりですが、勉狂に狂い始めたら、ほうったらかしになるかもしれません
それも過程の一つとして、やっていこうと思っています

最速180時間の勉強で受かる! という本

最速180時間の勉強で受かる!中小企業診断士 という本を昨日本屋でチェック入れてきた
はっきりいって、タイトルはかなり無理があるようなものですね

「机に向かって勉強する時間が180時間」
「ビデオやテープを聴く時間ははいらない」


そんなことが書いてあった
でも、ほんとうに机に向かう時間が180時間で受かるのか?
要領よく勉強するように、というような内容だったと思う
著者のお二人さんは、本気で合格できると思っているのだろうか
またもし、ほんとうに180時間で受かった人がいれば、ぜひとも体験談が聞きたいと思う

僕は、ほんとうの合格のための一番大きなキーポイントは、当たり前だと思うけれど、過去問だと思う
その過去問を去年の一年分をするだけで、一次試験8時間半、2次試験5時間20分、口述10分で、合計14時間
過去問を3年するだけで42時間(制度は同じとして)
解くだけで42時間以上費やし、間違いを理解することを考えると、過去問だけで80時間以上最低でもかかる
それを180時間で合格だなんて、ちょっとかんがえられない
2次試験なども含めて資格合格の話のようだし
結局、本のタイトルからしてかなり無理があるような感じだと思う

体調

よもやま話ですけど、夜になって体調が崩れ、ファミレスでの勉強を打ち切って帰宅
父の体調もかんばしくなく、病院へのつきそいとかがあり、家庭教師も週4回になってしまい、最近、ほんとじっくり勉強できる時間がとれず、ストレスもたまりよくないですね。。。
まるで環境が勉強をさせないようにしているかのような
体調も良くないので早めに寝よっと

独学では無理

昨日は、簿記を教えてくださった先生に2級合格の挨拶にゆき、中小企業診断士の年内合格を目指そうとおもっていますと話していたら、独学じゃ今からでは無理じゃないかと言われた
あまりにも勉強時間が足りないのではないか、という指摘をされてしまった。。。

また、横から以前中小企業診断士の資格勉強をした人がやってきて、一教科2週間と考えて、やっぱり無理な話でしょうと・・・
国家資格だから、短期間の勉強ではねぇ、と・・・
財務会計の独学についても、簿記の先生に、2級をとってはいるけれどみっちり頑張らないと独学では厳しいよ、と釘を刺されてしまった
科目合格で、来年合格を目指すのが一番現実的だと。。。

独学で年内合格が非常に難しいのはこころからわかっているつもりでも、やっぱり教育業界の先生方から言われると、こころが引き締まる

でも、たとえそうでも自分の夢を実現するために、簡単にあきらめることはしたくない
厳しいかもしれないけれど、可能性はあるのだろうから、全力で頑張ろうと思う

独学で中小企業診断士の資格を目指すなら、教科書は・・・

最近、TACの教科書TBCの教科書と二つ使って勉強している
教科書を二つ使ってみてわかったことだけど、独学の人は教科書を二つ(2校の教科書を)持っていたほうがいいと思う
一つの教科書ではわからないことも、二つ(2校)の教科書を持てば、どちらかが詳細に書いていることがあります
これは使ってみてわかった実感です
費用としては2万円近く余計にかかるけれど、それだけの価値はあると思う

通学やDVD教材などの通信教育ならば、教科書には書いていない内容を耳にすることはできるだろうけれど、
独学の場合は、教科書の文字群から学ぶことだけがすべて
だから、教科書を読んで疑問がわいても、ネットで探すくらいしか方法はない
それならばいっそ、もう一冊別の学校の教科書を買ってしまえばいいと思う
もともと教科書は、かなりまとめてあるので、必要なことはだいたい掲載されている
でも、学校によっては偏りがある

たとえば、TACの教科書は、マーケティングのことは企業経営理論の一冊に入ってあるけれど、TBCの教科書の場合、マーケティングはマーケティングだけで一冊の本になっている
学校によって、ほんとに細かないろいろな違いがあるので、両方持っていれば、両方の学校のいいところをみつけることもできるので、独学の人には特に2冊(2校)持つことをお勧めしたいです
たいてい、それで疑問点はカバーできると思う

余談になりますが、今は僕が独学をするのは安くあげるためではないと考えています
お金はかかっても、独学で資格合格をめざしたい、って思ってます
やっぱり、必要なとき必要な投資はするべきだと思うし、それはやっぱり夢を実現するための「必要不可欠な経費」だと思ってます
それをケチるというのは、自分の将来の夢への先行投資に支障をきたすかもしれないと思ってます

もちろん、必要な出費が安く上げられるのならば、ぜひそうしたいとおもっています
でも、将来への先行投資はケチらないようにしようと思ってます
お金をかけていいのなら、通学や通信でもいいんじゃないかって思わるかもしれないですが、僕は独学は自分の勉強スタイルであると思っているので、独学でこだわろうと思っています

もちろん、独学のメリットデメリットがあるのは、たくさんの本を読んで、インプットしています
そのなかのデメリットをできるかぎり最小化し、メリットをできる限り最大化し、勉強戦術も考えてきています(ここに書いている内容のように)
そして、年内の合格をめざそうと思っています

TBC教科書 経験曲線効果の説明

昨日、経験曲線効果で疑問に思ったので、
今朝早速TBCの教科書をゲットしてチェックをしました
こちら(TBC)の教科書では、経験曲線効果の表は曲線で掲載されていました

TBC


これはわかりやすいですね

また、TBCの教科書は、経験曲線効果の説明も具体的で、
「経験曲線効果は、BCGが実証的に発見した経験則で、累積生産量が2倍になると、単位当たりのコストが20~30%提言するという節約効果のことです」と書いてあり、わかりやすかったです。



で、今日TACの教科書とTBCの教科書を見比べながら勉強をしているけれど、どちらがいいか?と今みているところです
安易に、一部だけをみての判断はできないので、またある程度見極めをして、具体的に書こうと思っています

でも結局、自習の教科書は、一教科に付き2冊(TACの教科書とTBC教科書)になりました
今日は2冊をみながら自習をしていますが、やっぱり見比べるとよくわかることもあります
そして、片方に載っていて、片方に載っていないこともあり、それだけで重要度もわかる気がします
これは通学をしていてもわからないことだと思います

教科書を二つにすると余分に2万円近くお金がかかるけれど、独学をするためには、やっぱり必要な投資はさけて通れないから、必要経費はどんどん出してゆこうと思っています

TAC教科書の謎 経験曲線効果

愛用しているTACの教科書で、今、企業経営理論のまとめをやっていたけれど、どうも謎が・・
経験曲線効果の説明が、どうもわからない

教科書では、 「経験曲線効果とは、製品の累積生産量が増加するに従い、製品一単位あたりの生産コストが一定の割合で減少するという生産料とコストの関係を示す経験則」 
と書いてあるけれど、曲線だから、一定の割合で減少というのはおかしいのでは

さらに、経験曲線といいながら、教科書の図表では、直線になっているし。。。
図表は微分のようなとらえ方なのかなぁ(そんなとらえ方するかな?)

経験曲線

↑写真をクリックすればすこし大きくなります

ちなみに、写真の通り、この教科書の図表の引用先は、同友館
経営診断という、中小企業診断士向けの専門誌を発行しているところ
また、、TBCが教科書を発行しているところ
なんだか不思議な感じが・・・

他の教科書はどうなっているのだろうか
もし知っている方がいれば教えていただけるとありがたいですが、
明日他社の教科書を買ってきて、検証してみようと思う

ブックオフとか古本市場

親父さんの入院で今日も勉強はほとんどできなくて、走り回る一日でした
でも、走り回るついでに、古本屋にもたち寄り、中小企業診断士資格関連の本をあさってきました

掘り出し物は、マンガで読む財務諸表・PL法・ISOの三冊や、TACの昨年度版ポケットテキスト上巻
めっけもんは、財務諸表入門・マネジメントの基本・経営分析が楽々できる本、経営戦略の考え方、コンサルティングファームほか、すべて一冊105円でゲットしてきました

すべて読むかどうかわからないけれど、一冊読むだけで元がとれます
費用対効果がよいので、とりあえず在庫にします(棚卸しは今年度末かな^^;)
あと、2次試験についても情報収集程度に過去問を105円で買ってきました
時間があるときに参考程度に見て、実際は最新の本を買う予定です

けれど、ブックオフとか古本市場などの古本屋に行って思うことは、社労士や行政書士はたくさん在庫があるけれど、中小企業診断士の本はすくないですね~
やっぱり、いかに人気がないか本の回転率がいいかがよくわかりますね~


ちなみに僕はあまり図書館を利用しません
返さなくてはいけないから(当たり前ですね^^;)
返しに行く手間を考えると、古本屋を巡って安価に良書を仕入れて保管しておき、必要なときに読むというようにしたほうが気が楽です
そして、不要になったらボランティア先に寄付するというようにしています
でも、最新の情報が必要なときは、迷わず買い込みます
昔毎月2万円くらいは本に消えてました
自己への投資は、できる限りしようと思ってます

けど、今回独学というケチな?手段を選んでいます
経済的な面もあるけれど、なんだか自力でがんばれるか試してみたい気持ちがあるからです
きっと自分ならやれる、と信じてがんばろうと思ってます^^

「大合格体験記」

今日は父上の腎石手術で病院と仕事場を行ったり来たりで、へとへとです
そして夜は家庭教師で、生徒が500点満点のところ半分以下の成績で、これまたへとへとになり、さきほど帰宅しました

今日の勉強は、病院の待合室で父上の手術の待ち時間の1時間。。。
病院の手術待合室でひとり勉強というのも、なかなかマニアックな体験でした

そして手術後、診断士受験 502教室 で紹介されていた「大合格体験記」を購入したものを、オヤジさんが寝てる間に読んでました

この本は、参考になりますのでおすすめです
本文中の内容の一部ですが、合格者106人中、サブノートを作成・活用しなかった人は68.9%で、ほんと意外でした
また、合格者の保有資格で最も多かったのは、日商簿記2級でした(次点は初級シスアドでした)
いろいろな勝ちパターンを分析するのも、やっぱり試験対策の一つなので、買って良かったと思っています^^

経営用語 本による定義の大きな違い

今日夜は企業経営理論をまとめ始めてますが、
僕の使っているTACの教科書の経営用語の定義と、
日経文庫の経営用語の定義がかなり違うことに気がついた

経営戦略
TAC「企業が企業活動の目的である競争優位の獲得をめざして、どのような事業を営むかに関して、環境適応的に行う一連の基本的な意志決定と行動の体系である」
日経文庫「企業の将来の方向性やあり方に一定の指針を与える構想のこと」

経営理念
TAC「経営者もしくは企業が表明する企業の行動指針、企業の抽象的・理念的な目的、規範、理想、価値観などを意味する」
日経文庫「企業の存在理由や企業がよって立つ価値観を示し、それに基づく「行動指針」を示したもの」

ちなみに日経文庫は「経営用語辞典 武藤泰明著」
TACは「企業経営理論 TAC中小企業診断士講座著」となっている

わかりやすくを考えてか、TACの教科書は説明がすこし長く、覚える側にとっては、もう少し簡潔にまとめてもらえるとって思う
他の教科書はどうなんだろうか
もしもっておられる方がいれば、教えていただけるとうれしいです

こうやってTACの教科書のことを書いているけれど、実は今日書店でTACの問題集と過去問をすべて購入しました
問題集と過去問の構成は、TACがいちばん自分に合っていると思っています

簿記2級の資格は有利か

僕は先日簿記2級をゲットし、これで財務会計の分野で、中小企業診断士資格の取得には有利だと思っていました

でも、教材や試験問題を見ると、どうも役に立つのは、教科書で半分強くらい
あとは、初めて見る内容がたくさんで、これは全く気が抜けないということに気がつきました

勉強するに当たって、最低でも簿記三級といいますが、これはやはり基礎知識程度ですね
2級は、より理解できているという程度でしょう
楽勝かも、と思っていたけれど、2級以上の内容なので、これはほんとに気を引き締めないといけないようです

でも、簿記2級をとるときは、ほんとうに基礎知識のないまま勉強を初めて、仕事もできる限りさぼって丸々一ヶ月かかって2級をとりました
(3級もなく、バランスシートも実際のモノを見たことも書いたこともなく、まったくの初めてだった)

一教科だけでこれだから、それが7教科ともなると。。。

ほんとうに気を引き締めないと!

全科目一読

ようやく一週間をかけて全科目一読をすませた
一読といっても、理解しながらではなく、全体像をつかむための斜め読み
斜め読みでも一週間をかけてしまったので、これからいかに大変な作業が待っているかわかる気がする

一読の感想は、やっぱり資格習得までの壁の大きさ、壁の高さ、壁の厚さ
圧倒的な勉強量が求められるのが理解できた

初心者くさいけれど、第一次PDSAのS(study評価)が終わり、これからまた新たな計画を立てるためのアクションにはいり、また新たな第二次PDSAを始めようと思っている

また、早速SWOT分析を行い、具体的な計画をたてていこうと思っている
でもS(強み)がほとんどないのが・・・^^;

でも負けない
がんばろう

段取り八分

ミクシィの「中小企業診断士1次合格への道」に参加しました

段取り八分という言葉があるように、できるかぎり勉強を始めた初期段階の今、情報収集に努めています
それがやっぱり独学でやる上で重要で、短期間に合格を目指す秘訣だと思うから

で、コメントで紹介して頂いた「中小企業診断士1次合格への道」に参加させていただきましたが、やっぱりいい情報がたくさんありますね
ほんとうに入ってよかったです

独学は、どうしてもひとりよがりな面が出やすいだろうから、たくさんの独学の人たちの話や、そして管理されているサプリメントな診断士さんのコメントは非常に参考になります
(診断士は、合格してから、維持費年10万程度かかるというのも参考になりました)

ぜひとも独学仲間にはお勧めしたいです^^

バタバタの土日

先日は教材選びのことを書いたけれど、T○Cの教材を一冊(経済学)だけ買ってきた
○の中にはいるのはAかBかですね^^;
Aは持っているので。。。

僕が簿記を教えてもらった先生が以前言っていたけれど、
その先生も会計士の資格を独学でとったとのこと
そして、その独学で重要なのは、やっぱり教材だったとのこと
いい本に巡り会えれば、理解も飛躍的に伸びてくるというような話をされていた

僕もいろいろ反省し、ひとつの学校の教科書に全面的な信頼をおかないで、試行錯誤はあるだろうけれど、いろいろと見ていくのもいいかなと思ってます
でも、勉強できる時間は限られているので、本を買っただけで油断せず、頑張って学ばないと

今日は午前中4時間ほど本を読み、昼からオヤジの病院のお見舞い、ボランティア活動先への顔見せ、嫁さんとアイススケート、夕方難波でご飯を食べ、日本橋パソコンショップに修理の依頼、そして旭屋書店で教材を一冊ゲットして今に至ります
明日も病院、昼からは家庭教師、夜は親戚がやってくるので、この土日はあんまり勉強にならないのがつらい
けど、隙間時間を利用してがんばるぞ~!

今朝も朝勉

土日も朝勉
今日は8時頃の朝ご飯なので、それまで1時間半できる

この朝勉は、左サイド一番下の欄で紹介している書籍の「独学&通学 おすすめ書籍」に書いてあったことで、
朝ご飯前の勉強が効率がよいとのことを書いてあったのを参考にしている

これは本の内容ではないけれど、朝勉中、おなかがすいてたまらないときはミルクにさっと溶けるココアを飲めば、空腹もおさまるし、快便にもなるみたいなのでおすすめ^^

さ、ブログってないで勉強開始しよ

気になった診断士の学校と教材

今日実は午前中にとある学校に行って、体験講座を受けてきた。
独学でやる上で情報は貴重なので、情報収集の一環として、やっぱり時間があるうちに少し情報収集をやっておこうとおもったから。

で、わかる人にはわかると思うけれど、「非常識~」という広告をしているところ。
行って、ちょこっと早送りでセミナーのビデオを見せてもらったけれど、話の内容はまぁまぁ参考になる程度で、合理的ではあるけれど非常識でも何でもなかった
また教材の姿を見せてもらったけれど(このとき中身は見てない)、薄っぺらく、これじゃあだめだなと思った。

で、話をしていると、体験講座をすぐにでもさせてくれるとのこと。
せっかく足を運んだから、電車賃くらい見て勉強させてもらおうと思って、DVD教材を見せてもらった。

いや~おどろいた。
簡潔、明瞭、わかりやすい、の三拍子だった。
確かにうたい文句のポリシーとおなじで、必要な点数のみを目指すというもので、そんなに深い内容ではなかった気がするけれど、はじめて勉強する超初心者の僕にとっては、要点が明確だったし、重点だけの整理ポイントがわかり、かなりわかりやすかった

はっきりいって、今持っている教材は、ほんと、どこかですこし学んだ人にとってはいいかもしれないけれど、経営学の本ではいきなりグラフがでてきて、背景もほとんど説明がないので、初めて勉強する僕にとっては、その教科書を読むために別の参考書が必要だと思う

でも、その学校で見せてもらった教材は、ほんとうにわかりやすかった。
DVD教材の説明がなくても、たぶんわかるんじゃないかと思うくらい(やっぱり見た方がいいけど)
学校によって、かなり教え方に違いがあるんだなぁと、ほんと感心した

初心者には、僕が行ってみたところがいいかもしれない
でも、人それぞれ個性もスキルも違うので、もし入学を考えるなら、やっぱりいろんな学校をチェックした方がいいと思う
自分にあった学校を選ぶのがいちばんだろうから
ある程度の知識がある人にはその学校の授業はものたりないかもしれないし

学校選びと教材選びは、やっぱり十分調べてからの方がいいみたい
今日はいい経験をした気がする

独学用の教材選択の失敗!

先日教材(教科書)を選択して、それを発注して今読んでいるけれど、どうも選択を失敗したような気がする

今の教科書は、どこの学校の教材とは書かないけれど(過去ログにあります)、黒とカラー一色の二色刷で見やすいと思っていた
けれど、文字がちいさく、詳しいのか冗長な説明なのか、そしてカラーも色が薄く、重要なところが読みにくいのに最近気がついてちょっと滅入っていた

そして、今日梅田の大きな書店でチェックしたら、黒一色だけど簡潔で、わかりやすい教科書が販売されていることを知り、ショックを受けた・・・

返品もできないし、これはちょっとショックだ
別の学校の教材をもう一度買いそろえようかと思っている。。。
20000円近くの出費は痛いし、どうしたものかと。。。



追記

上記を書き込んだときは、すこし興奮状態だったみたいですが、冷静に考えると、購入したテキストは、内容が詳細に載ってあっていいかもしれないと今は思っています
書き込んでくださった方のコメントのとおりで、一長一短はあるみたいですね
人それぞれのスキルも違うものだし。。。
また、教材選びが失敗かどうかは、これからの自分の勉強のがんばりにあるのかもしれないですね
今は、上記の書き込みを反省し、教科書を買い足すかもしれないけれど、今の教科書も活用し頑張ろうって思ってます

朝勉

昨日、本屋で勉強のハウツー本をゲットし、勉強の息抜きに読んでいたら、朝勉は、ご飯を食べる前にするのがいいと書いてあった

たしかに、朝ご飯を食べた後は、どうしても眠くなって、気力で勉強をしていた
おなかはすいているけれど、朝勉をするのはご飯を食べるまでが効果的みたいな気がする

今朝はさっそく実践をしている
起きてすぐに勉強(寝ころびながら)というのは、なかなかいい感じがする

ハウツー本も中小企業診断士の資格習得には役に立つようだ^^

みくしい

さきほど、ミクシィに中小企業診断士をめざすグループはないものかと見ていたけれど、学校内の有志グループとかが多く、独学でやっている人のグループはなかった。。。
寄らば大樹の陰か、長いものには巻かれろかもしれないなぁ~

やっぱり独学に対しての不安感はぬぐえない
情報不足と、やっぱり勉強自体が井の中の蛙になりかねないから

でも先日書いたけれど、
診断士になったら、誰からもアドバイスなんてもらえない
自分がアドバイスする立場だから、なんとか自力ですすまなくては

といいつつ、やっぱりなぁ~(苦笑)
でもいいや、なんとか自力でがんばろう!

気合いだー

今日は気合いだーと思ってずっと本を読み続けているけれど、
やっぱり気合いを入れすぎて、だんだんとモチベーションが絵文字名を入力してください
でも、そんなことはいってられない
だから仕事が終わったらちょこっと気晴らしに風呂にいってこよっと

難解語句

教科書を読み始めているけれど、出てくるわ出てくるわ難解な語句が
暗号にみえてくるほどの英語の数々
こりゃ経済用語辞書が絶対必要だと痛感
英語はさほど苦手じゃないけれど、経済業界専門の英語は、守備範囲外が多く、これまた理解がすすみにくい
明日にでも買いに行こうと思う

ところで、試験には体力が必要だと言うことがどこかの本に書いてあり、最近は毎日3km程度ジムで走ってる
上半身のトレーニングも少し入れ、重い体重もすこしは減るかな?って思ってる

たしかに試験は体力をほんとうに使う
先月あった簿記試験も、たったの2時間気合い入れただけで、足がつりそうに
中小企業診断士の試験は、3教科もあるから、ほんとうにあしがつるかもしれないなぁ~
だから体力をいまからつけておかなくては!
ところで、その日商簿記2級は今日合格ということがわかり、ほっとしてます^^
よかった~!

一抹の不安

届いた教科書をとりあえず読んでいっているけれど、
ふと独学で果たして合格できるのかと一抹の不安を感じる
やっぱり学校に通った方が安全確実かもしれない、
せめて通信教育をうけたほうがいいかもしれない、
そんな不安にとらわれてしまう

けれど、やっぱり頑張ろうって思う
とある本に、

心配する時間があれば勉強せよ
企業の経営コンサルティングでは、教えてくれる先生はだれもいない
コンサルタント自身がその企業の先生
企業の経営実態把握から提案、実践指導を行う先生になる
だから試験に合格するために、独学で勉強するのに似ている


というようなことが書いてあった

確かに、独学で勉強方法を見つけ出してゆくというのは、
自分自身にする経営指導と同じようなことかもしれないので、
とりあえず頑張ってみたいと思う
一抹の不安はぬぐえないけれど、自分を信じてすすんで行こうと思う



明日はようやく一冊本を読み切り、次の本へ
まずは全体像をつかむために、もっとスピードを上げて読みたいと思う
できれば内容をチェックしながら

ついに

カウンターをつけました(笑)

昨日発注した教科書が明日届くようです
でも、なかなかまだ本腰を入れた勉強ができない状態
いろいろな用事がヤマほど。。。
できるかぎりはやく片づけて、勉強を開始しなければ!

計画 - 段取り八分

今日は計画をたてるためにたくさんの本を読んだ
合計10冊
さがせば中小企業診断士の本はあるものだ
それもみな古本屋でゲットしたもの
一冊100円というのがありがたい
いかに人気がない資格かよくわかる


箇条書きでメモを
1.計画を立てる
2.繰り返しをする
3.公言する

計画は重要で、段取り八分というくらい、準備がしっかりしておけば、あとはそれに沿った形ですすんでいくだろうということ

くりかえしは、繰り返さないと覚えられないので、繰り返すことをきちんとしてマスターしようと思っている

公言することは、やっぱり自分を追い込むため
自分を追いつめて、火事場の馬鹿力を出したいと思う


あと、方法論を
1.テキストを二回読む
2.計画をかんじがらめにしない
3.余裕を持たせる

テキストを2回読むのは、全体像を把握するため
一回目はおぼろげにつかみ、二回目でおよそを把握する

計画をがんじがらめにしないというのは、へんに計画に凝り固まらないこと
余裕ができたら楽をし、余裕がないときはがむしゃらではなくマイペースを考えてのこと

余裕を持たせるというのは、試験2ヶ月前には一通り終わらせると言うこと
矛盾しているかもしれないけれど、だからこそ全体像の把握と計画をげんじがらめにしないということを大切にする
その上で余裕をもたせたい


また、独学の危険性もあるので、それをカバーするために
1.答案練習講座
2.公開模試
3.直前対策セミナー
これくらいの投資は必要だと思っている


今後すぐにでも始めることは、テキストを一通り読むこと
できれば、同時に問題集を眺めながら読もうと思っている
問題の出題パターンをこれである程度理解しておこうと思う

そしていずれ作るノート作りは、ノート作りが目的ではないので、
とりあえずは簡単なノートを作ろうとおもう
そしてそれに加筆訂正を加えて行こうと思う
そしてさらにその後でダウンサイジングをし、ほんとうに弱いところだけを補強するようにしようとおもう

そしてチャート作りは、無理して作らず、これも必要なものだけを作ろうと思う

くれぐれもノート作りチャート作りが目的にならないように気をつけたい


最後に一番自分の頭の中に書いておきたいことは、
1.基礎を大切にすること
2.基礎をしっかりすること
3.基礎をないがしろにしないこと
一にも二にも三にも、基礎が大事と言うことを大切にしたい


いろいろ書いてきたけれど、はじめは理想をもち、修正を加えてゆこうとおもっている
さて、計画倒れにならないよう、これからしっかりと頑張らねば

教科書選び

今日は教科書選びをしてきました
TACやLEC、大原などの有名校が難波にあり、どさまわりをしてきました

でも、LECは外販が無くぼつに
大原は問題集しかなくぼつに
結局TACを選択することになりました

とりあえず、TACのHPから10%引きで教科書・問題集をとりあえず3冊ずつ発注しました
資格専門の学校なので、こういった大きいところの教科書ならあまりはずれはないだろうと思います

あとは教科書が届くのを待つ間、古本屋で買ってきた勉強方法をいろいろ調べて、計画を立ててゆこうと思ってます
できるかぎり下準備をしたほうが、あとあと効率が良くなると思うので、こういう作業もしっかりしておこうと思ってます



しかし、今日は花粉がひどくて、どさまわりも大変!
こればかりは仕方がないなぁ。。。