FC2ブログ

独学でやってきたことについて 終

盆休みにかけては非常に忙しくて全然更新できない状態で、来てくださった方には大変申し訳ないです

これから、独学でやってきた反省点で、いちばん自分で失敗だったと痛感した内容を書こうと思っています
あくまでも私見にすぎませんが、勉強のノウハウにも関わる話なので、これだけはきちんと書いておきたいと思っています
(今回の内容は、独学だから、という内容ではないかもしれないですが)

ひょっとすると、ここに書いていることが言い訳にも受け取られるかもしれませんが、試験の惨敗結果は自分の行動の結果だと感じています
その上で、「僕がこれはほんとうに失敗した」って言う話を、これから診断士の勉強をはじめる方に、あくまでも他山の石というか人柱というか、参考にして頂ければという想いで書き記します



結論から言えば、今回、勉強中から一つだけ「これはいけない」と感じていたことは、勉強の方法がなかなか確立できなかったことです 

資格試験になれている人や、学生さんなどは勉強になれているので、試験までの勉強法(ノウハウやメソッド)もある程度確立していると思います

でも、僕にはそれがなかった
膨大な量の情報複雑な理論体系を前にして、「どうすれば効率よく勉強が出来るんだろうか」と、勉強の方法(試験攻略法?)をずっと迷い続けてました

だから、はじめはノートを作り、その後は単語カードを作ったりもし、自分の字の汚さに嫌気がさしてパソコンでまとめたり、そしてメモリボを使い始めたり、結局勉強期間の半分以上は一貫性のない勉強方法をしていました・・・
腰が浮いた状態で相撲を取る、そんな状態だったかもしれません 

終盤になってやっと「これでいこう」と思う方法がわかってきたのですが、それまでのタイムロスは非常に大きなマイナスだったと思います

こういうノウハウ不足による不効率さは、勉強だけでなく、仕事でもそうだと思います
仕事のノウハウを知っている人は仕事が速い
同じ仕事でも、ノウハウを知らない人はモタモタしてあまり仕事にならないことが多い

勉強のノウハウがある人は、努力と勉強で、効率よく実力に結びつく
勉強のノウハウがない人は、同じ努力と勉強であっても、もたもたついたり余計なことをして効率が悪く、あまり勉強になっていないことが多い
そして差がどんどんついてしまう・・・


資格をいくつも取れる人は、勉強のノウハウを持っている人が多いと思います
体系立てて考え、体系立てて暗記するとか
また暗記の方法も確立されていて、書いて覚えるだったり、メモリボだったり
勉強のノウハウがあるので、勉強のムダも少なくすみ、資格をとりやすい(もちろん真剣な努力をして)
勉強に不慣れな人には、それがなく、ムダな努力が非常に多い

だから、勉強のノウハウを、いかに早く身につけるか、ということはとても大事だったと今になって思います
そしてまた、自分の勉強法をもっとはやく確立することが出来れば、よけいな時間を費やさず出来たんじゃないかって思います
やっぱり確立された勉強のノウハウ(メソッド)は、試験までの過程において、たいへんな強みになると思います

結論は単純で、どこにでもあるような話かもしれませんが、僕はそんな当たり前の単純なミスで失敗してしまっています
「どこから手をつければいいのかわからない」という方や「どう勉強すればよいのかわからない」と思う人は、僕と同じミスをする可能性があるかもしれません
だから、まず自分の勉強方法をある程度きちんと決めてから勉強をスタートさせるほうが、あとあと、そのことがとても大きな差になってゆくのではないかと思います

僕のように、学習予定期間の半分が過ぎても勉強法があやふやだと、一生懸命努力はしていても、単に空回りをしていたような非常に効率が悪い勉強になって、結果があまり出てくれないことになってしまうこともあります

よっぽどではない限り、みな同じくらいの学習能力だと思いますので、違いは勉強の方法によってじわじわと差が開いてくることになると思います




以上で、だいたい自分が失敗だったと痛感した過ちを書けたと思います
なるだけ冷静に分析をして言い訳めいたことを書かないようにしたのですが、ひょっとして行間からにじみ出てきていたら、お許しください
これを読んだ人が同じ失敗をしないよう、他山の岩・人柱的な内容であれば幸いです

いい年をしていますが僕もまだまだ未熟者だから、失敗から学ぶことはおおいです
今回の失敗がこれからの自分の人生に活かすことが出来るようなきっかけにして、僕もこれからまた頑張るつもりです

この記事を最後に、このブログは終了したいと思います
(また、あたらしいブログを立ち上げる予定ですが、その折りはまたこのブログでご報告したいと思っています)

最後になりますが、僕の挑戦は惨敗という結果に終わってしまいましたが、これまでこのブログを見守ってくださった方々に、こころから感謝の気持ちを伝えたい気持ちでいっぱいです
五ヵ月の間、ほんとうにありがとうございました
スポンサーサイト



独学でやってきたことについて 1

2月末に独学を決心をし、3月はじめに教科書を揃えて勉強をはじめて、試験日でちょうど151日目
独学で短期合格を目指してきたものの、あっけなくおっこちちゃいました

その試験日までに必死に勉強してきた150日間で、僕が苦労したことや失敗したこと、そしてこうすれば良かったと思う反省点などを、これから独学を考えておられる方のために書き記して、このブログの役目を終わりたいと思っています
(通学の方にも参考になれば幸いです)



まず、いちばん苦労した記憶がある科目は、これまで何度も書いてきたことですが、経済でした

理系を進んできて、これまで経済観念の無かった(?)僕だったので、TACのテキストでいきなりグラフから始まる説明に面食らいました
なじみのない学問に自分とは別の世界の話だという気がして、独学で勉強をしていて、理解にとても苦しんだのがこの科目でした
ほんと何度も投げ出したくなりました

あくまでも個人的な所感ですが、もしも独学で、そしてこれまで経済を学んだことのない方は、かなりの気合いを入れてするか、科目受講ということも検討しても良いのではないかと思います
(ちなみにこの経済に関しては、独学継続かどうかは、まだ迷っています)


つぎに、大きな敗北をした財務に関しては、これでもいちおう簿記二級を持っており、TACのスピード問題集で疑問点は無くなるくらいはやってきました
さらに、TBCやマンパの問題集もやったので、そこそこの計算はできると過信し、試験に挑みました
でも、どうも点数が取れずに終わりました
結局、小手先の勉強ばかりしてきたようで、何の実力にも結びついていなくて、ちょっとひねられたらお手上げ、という状態だったのだろうと思います(なさけない話ですが・・・)

独学だからこういう結果だったのかはわからないですが、正直くやしい思いをしています
もし簿記二級をもっておられるとしても、油断は禁物だということかもしれません。。。


あとの教科は、だいたいは暗記科目なので、努力が結果に結びつきやすいものなので、点数が努力を全て物語ると思います
僕はやっぱり結果からして努力不足が明確に浮き彫りになっていると思っています
正直に認めるとともに、反省すべきところを素直に反省しています

この、素直に反省すべきところが僕の大きな失敗の原因であり、今回いちばん僕が書き記したいことなのですが、ちょっと書く時間がなくなってしまいましたので、次回また続きを書いてゆこうと思います

(すみません、引っ張るわけではないのですが、時間が足りないので。。。)

これから

昨日は1353アクセスもあり驚きました
今日も今すでに150アクセスで、ネット上で大いに恥をさらしたような気分です
でも自分のありのままの実力だったので、それも受け入れるしかないと思っています

昨夜はあと数点だったらともかく、あと20点以上もあったので、やけ酒を飲む気にもなりませんでした
やっぱり数字が実力のすべてを語りますね
どこかの財務の本に書いてありましたが、数字は嘘をつかない、嘘をつくのは人だ、と


それはともかく、今後の方針を書き記そうと思います
そして、次回の更新は、独学の総括をしようと思っています
このブログの最後の役目は、自分の失敗が、他の人の役に立つことができるようにと言うことだと思いますので。。。


まずは今後の方針ですが、

前回の記事の点数から、財務と経済は足きりにはならなかったものの、勉強したと言えない結果(点数)になりましたので、独学は捨てます
一年あるから独学でも出来るだろうという気持ちも強いのですが、学校に行きます
点数的に独学が許される点数でもないだろうし

そのほかの50点台の科目を振り返ると、暗記時間・問題集を解く時間、それらの時間がもう少しあればと思いながら受験していたので、やっぱり投入時間が足りなかったと思います
だから、法務・運営・中小はそのまま独学で行くつもりでいます
ひょっとしたら学校に行くかもしれませんが

次回は独学について総括したいと思っています

惨敗結果報告

今日は、朝9時に記事を書いたら、今で700アクセスを超えてます
ブログ始まって以来初めてです
先週は一日30~40アクセスくらいだったのに。。。
これは僕のブログだけではないだろうけれど、関心の高さを強く感じます

そんな中、生の点数を書くのはつらいけれど、
正直に恥をさらします

経済 48  財務 44  企業 63  運営 54
法務 59  情報 76  中小 55

                        合計 399

出来たと思った中小がミスが多く非常にショックを受けました
そして法務はあと科目合格まで一点・・・

現実は一次突破まではまだまだほど遠かったようです
不合格なゆえ、今は語るべき言葉がみつからないでいます



次回、これまでの反省すべき点、独学での失敗点などを総括をして、ここのブログの更新を終了するつもりでいます
「独学・最速への道」は行き止まりになってしまったので・・・

今後は、また別のブログをたぶん立ち上げると思いますが、すこしおちついてからにするつもりでいます(そのときはまた報告します)


また来年、再チャレンジするつもりです
診断士はすばらしい資格なので、ぜひともとっておきたいと思っています

けれど、不合格になってみて、僕はまだまだ実力不足なんだと痛感するとともに、やっぱり合格する人たち、そして現在診断士の資格を持っておられる方には、正直、尊敬の念を感じます
そして、かならず来年には僕も仲間入りを果たしたいな、っていう思いでいっぱいです

残念ながら、みっともなくおっこちちゃいましたけれど、かならず自分の人生の糧にして、よりよい方向へすすめるよう、これからも頑張ろうと思っています

とりいそぎ、応援してくださった方たちには、期待に応えられなかったお詫びと、そして感謝の気持ちを伝えたいと思います
ほんとうにありがとうございました

試験終了

試験が終わってほんとうに疲れましたね~
自分にある環境の中、全力を尽くしたとは思いますが、試験問題では面食らうことがあり、結果はどうなることやら
取り急ぎ感想を書いておきます

経済
これはTAC・TBCのテキスト独習では合格はおぼつかないですね
正直、テキストはほぼ理解できたと思っていたので、あさはかにもなんとかなるかなと思っていたんですけど、テキストの知識・理解だけで挑んだら面食らいました

簿記会計
時間と知識が足りなかったです
試験前日までに計算問題集はほとんどの範囲をカバーできたので、得点源にするつもりではいたのですが、理論(文章題)になるととたんに弱さが
どうやって解けばいいの?と迷うばかりでした。。。

中小企業・情報
思った以上に出来た感触があります
白書と施策は記憶科目だし、情報もそうだし、とくに出題がやさしかったのでは

それ以外は平凡なできばえだったので、ふたを開けてみないと。。。


試験ではあがることもなく、実力は出せたとは思いますが、正直自分の感想は、正直なところ、今年は厳しいかなという気がしています
ミスがほとんど無いようだったら、可能だとは思いますが・・・
初日の経済・財務が想定外のできの悪さで、結果的に勉強方針の間違いを思い知らされました
独学の限界だったのかな。。。

今日、解答の発表があるとのことで、また報告をします