スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独学はおすすめしない

6/12 追加文章
最近メールで「独学がよいか学校がよいか」という相談を受けることが何度もあり、この記事を書いてみました
独学否定ではなく、独学か通学(通信)か選択できるなら、やっぱり独学はおすすめしにくい、という内容で書いています

独学は、通学時間・学費が節約できるというメリットもありますが、やっぱりデメリットもあるので、独学を考える方の参考になるよう、僕が独学でやっていて痛切に感じたデメリット面をかいてみました






最近、あたらしく来年受験を目指す方がたくさん、僕のこのブログを見てくださっているようです
そしてまた、独学を考えておられる方も見てくださっているようです

僕は独学でやってますが、僕一個人の意見としては、
やっぱり独学はおすすめしにくいと思います

理由は単純で、
 1.財務会計を知らない人なら、大きな壁を感じるだろうこと
 2.経済学で非常に苦労した

この2点でしょうか

あとは個人特性になりますが
 3.モチベーション維持・モチベーションコントロール
 4.一人で切磋琢磨できにくい


これらをクリアーできれば、あとは膨大な量の理解+暗記です
でもこの時もまた、モチベーションコントロールがきついです
なかなか進まないし、覚えきれないし。。。
 
日常生活の中、仲間と顔を合わすことはほとんどなく、
影響し会える仲間もいなくて、
やってもやらなくても、誰も何も反応してくれませんので。。。
  

もともと、僕は何でもひとりでやってしまうタイプで、仕事では素人ながら自分で勝手に開発をし、それを独学で特許も書き、特許申請したりしていました
(ほんとうにどうしても重要な特許は弁理士に依頼してましたが)

だから基本的に一人でやるのが向いているタイプだと思います
だから、独学でやろうと思ったのですが、勉強をしているときにしょっちゅう「教えてもらえることが出来れば、こうした多くの時間を無駄にしないのになぁ」、って何度も思ったものです
勉強のポイントやコツもわからないし。。。
(経済学なんて、ほとんどノイローゼになりながら勉強してましたし。。。)

やっぱり確実に合格をねらいに行こうとするなら、教えてもらうのがいちばんだと思います
だから、あんまり独学はおすすめできないです
(ある資格を学ぶ嫁さんにも、学校をすすめしました)
 

でも、もしも独学で行くのならば、この資格が大好きになって、勉強マニアになるくらいにセルフコントロールすればいいのでは、って思います
僕はスキーマニアだったので、スキーのために身も心も捧げて、湯水のごとくお金も注ぎ込みましたが、今回それとおなじような感じでやろうと考えてやってます
勉強もスキー(趣味)も同じだと考えて、やってます
必死に練習(勉強)をしまくるという
といっても、苦しくて苦しくてたまらないですが、これが自分のやりかたなんだなぁって考えてます

でも、ここまで書いていてふと気がついたのですが、合格しないと、この文章も意味ないですね^^; 

とりあえず、独学はおすすめしにくいです
スポンサーサイト

コメント

dokuさん、コメントありがとうございます^^
>僕のことですか?(^^;ゞ
いえいえ、すみません、誤解をさせてしまったかもしれませんが、最近メールで相談を受けることが何度もあり、同じことをかいてます
今朝読み直してみたのですが、誤解をされるかもしれない文章だったので、さきほど文章を追加しましたが。。。

でも、ほんと独学は理解への壁だらけなので、お互いに頑張りましょう!^^
(でも、独学で理解をすれば、かなり強くなれると思います)


ルーさん、コメントありがとうございます^^
>ってだから独学にこだわっているのかもしれません。
僕も独学で行こうとしたのは、やっぱり独学へのこだわりかもしれないです
ちょっと記事に追加文章になってしまったのですが、記事はこれから独学か通学かで迷っている方の参考になるかなと思って書いたのですが、自分のこころに独学にこだわりを持てるくらいでなければ、独学はきびしいですね
でも、壁は高ければ高いほど、登ったとき気持ちいいということもありますね^^

独学やっていると効率悪いっていう声が何処からか(例えば嫁から)聞こえてきそうですが、合格したときの快感はとても大きいと思います。ってだから独学にこだわっているのかもしれません。

僕のことですか?(^^;ゞ
でも、現状の自分の環境分析をしてみると、弱みを分かっていても独学でいくしかないんですよね。
毎度同じ台詞になりますが、頑張るのみですね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。