FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職が決まってから再就職で情報をいろいろ調べているけれど、再就職時の資格条件には英語や簿記のことがよく載っていて、中小企業診断士の資格よりも、簿記の資格や英語の成績のほうが評判があるのではないかと思ってしまう
そう考えると、最近、気持ちの軸が揺れはじめてしまっている

まだとっていない資格だからそう思うのかもしれないけれど、もし今診断士の資格を持っていたとして、コンサルの経験もない僕を企業は喜んで迎え入れてくれるだろうか。。。
なかなかむずかしいだろうなぁ
今持っている経験のない簿記2級も、ほんと無価値だろうなぁ
けれどもしTOEICが600程度あるならば、企業選択の幅も広がるのかもしれない
そうしたら英語の勉強をしたほうがいいんじゃないか・・・
そんなことばかり、頭の中でぐるぐるまわっています

現実問題、生きていくことを考えると、将来への投資も必要だけれど、現実の再就職をクリアーしなければ、将来も語れない
目前の再就職が非常に厳しいので、どうも困ってしまいます
そして、そんなことを考え込んでしまうと、ちょっと気持ちの軸がしっかりしていないので、最近は勉強に集中しにくくなってしまっています

おそらくは診断士の資格がどうのこうのという訳じゃなく、40前になって製造業からの転身はほんとむずかしいなぁ、っていうことだと思います
そう考えるとこれまでの人生失敗したかなって思ったり

そう思うと、この言葉が思い浮かんできます
人生万事塞翁が馬
これからの人生どうなることやら
スポンサーサイト

コメント

No title

Crescentさん、コメントありがとうございます。
零細企業なので、人はたくさんいないのですが、上の人たちも少しは途方に暮れているようです。
やめる時に風当たりが強いのは、やっぱり相手にもダメージがあるからだと思います。
その点から考えると、すこしは役に立っていたんだと思えて、報われた気持ちになります。

上の人たちは昔の人なので、たとえば「在庫=現金」のような発想をします。
だから在庫を積み上げれば儲かる(財産)と思っているのです。
そういう人たちに、「それは違う」と言っても理解できないので、根本的に理解し合えない部分も多くあるようです。
やっぱり経営は年老いるとだめですね。
勉強もしないし、理解もしない。
経営者は社員の生活や人生を預かるんですから、もっとしっかりして欲しかったし、ほんとこまったものです。

Where there is a will, there is a way. 

とてもいい言葉ですね。
忘れないでいようと思います。
とりあえず、軸はなくなったけれど、勉強の意志は持っています。
独立は今何とも言えませんが、新しい社会での勉強をしっかりやるつもりです。

メッセージほんとうにありがとうございます。
ほんとうに感謝です

これからですよ。人生は

忙しさと体調不良で、コメントが遅れてしまいました。

そうですか。遂に決まったのですね。嫌味や冷やかしなどではなく、この結論に至るまでのFrankさんの勇気と決断に心から敬意を表したいと思います。辛い決断だったと思います。特に長年一緒に働いてきた人達と決別することは容易にできることではありません。心中察して余りあります。恐らく今は開放感よりも空虚感の方が強いのではないかと推察いたします。

前回の内容で「会社に対して愛想が尽きた」旨書かれていましたので、相当の理由があったのだろうと感じておりました。企業ごとに事情は色々あると思いますが、なかなか複雑な状況のようですね。私は中間管理職よりも経営者と直接話をした方が良いのではないかと思っていたのですが、状況は私が想像した以上だったようです。

経営者側もかなり迷走しているように思いました。こういう状況において、社長は何故Frankさんからの提言を受け付けようとしないのか疑問です。生え抜きの社員を退職させていったい何を守ろうとしているんでしょうか。いつも考えてしまうんですが、私の経験上、その答えはいつもつまらないエゴであることが殆どだと思います。

それからFrankさんが気付かれているかどうか分かりませんが、今回のことが他の社員に及ぼす影響は小さくないと思います。私の以前の職場でもそうでしたが、重要人物の退職ほど特に若手社員の受け止め方は深刻でしたから、若手のしかもできる連中を中心に退職者が続く可能性が大だと思います。

Frankさんが今後のことを憂いていることはよくわかります。でも、そんなに深刻に考える必要はないと思います。諺にもありますね。

Where there is a will, there is a way. 
意思あるところに、道は開ける

今のFrankさんにはなむけの言葉として贈りたいと思います。可能ならいっその事、診断士の勉強に今年1年集中して、来年独立することを考えてみられては如何でしょうか。未来は決して暗くないと思いますよ。大事なことは、自分の意思を持つことだと思います。恥ずかしいことも、後指差されることなど一つもありません。自身を持って進んでいきましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。