スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TACvsTBC 経済学の教科書

経済学がむずかしく、かなりつまりながら勉強をしており、結局はTACの教科書とTBCの教科書と両方を駆使して勉強しています
これがいちばん理解が進みやすい感じがしています
で、経済学の教科書を見比べて気がついたことをちょこっとレポしておきます

TACの教科書は、説明がすこしくどく、ちょっと難解で、理解がしんどい反面、けっこう実践的な内容のようです
TBCの教科書は、説明がやさしく、読みやすく、理解しやすい反面、最低必要なポイントをさらっとつかんで終わってる感じです

僕はTACの問題集をしているので、TACの教科書で勉強してますが、TACの教科書でこけたとき、TBCの教科書はほんとありがたいです
TACの説明は、なんだか学者が書いたっぽい感じがして、とっつきにくいので、ほんと、とても眠たくなります
なんど船を漕ぐ羽目になったか^^;
TBCの教科書のほうは、完全に読み手を意識した書き方で、なるだけ平易に書いてあり、TACの教科書で理解不能の時にとても役立ってます

あと、TBCの教科書のほうが、図表は非常にわかりやすいですね
これもほんと助かってます
自分でまとめなくても、まとまったものが記載されてあるのがうれしいです
TACの教科書は、そのへん冷たく、自分でまとめて理解してねって感じですね
でも、TACの教科書のおおきなメリットは、出題されたところがわかるところ
これは大きいポイントだと思います
これがあると、その部分はしっかりやろうという気になってしまいます^^
あと、詳しい部分まで書いてあることでしょうか
でも、もうちょっと余計な言葉をはしょって、わかりやすくして欲しいものです

一言でたとえるなら
フレンドリーなTBCの教科書
学問的で固めのTACの教科書

もしも、中小企業診断士の独学をするにあたって、どちらかの学校の教科書に絞れと言われると、これはかなり難問ですね
やっぱり前にも書いたかもしれないですが、両方買ったほうがいいと答えることになりそうです^^
スポンサーサイト

コメント

簿記・コピーしまくりました

僕のほうは、まだ経済学でつまってます
というよりも、本屋に行ったり急な来客があったりして、今日はぜんぜんすすめなくて、とても焦りを感じてます
週末はとくに予定通りに進まないのがつらいところです。。。
先週は僕も花見に行ってきました
京都の哲学の道を歩きながら、独学最速への道も歩かねばと思っていました^^;

>11月に簿記2級の試験があります。
日商簿記の勉強は、問題集の解答のページをコピーし、問題に書き込むと、解答の表を書き写す必要がないので、この方法をぜひおすすめします
僕は、やすいコピー機(複合機)1万円くらいのを酷使し、問題(過去問)を解きまくりました
コピーすると、その問題集をなんども繰り返し解けるので、おすすめです
また複合機は家にあると、コピーをしに行く時間が省けるので、おすすめです
>先に合格してくださいよ、でないと、追い越しますよ。
合格せねば、生活がかかっているので、とりあえず頑張るしかないですね
お互いにがんばりましょう!

やってますねー

簿記で詰まっています。
深入りしすぎたかも
しかし財務をしっかりやっていないと
今後、話しにならないと思い何とかやってます。やむなく、計画の修正をかけました、財務・会計に2ヶ月かけます。
6月は、簿記の3級の試験があるので、
簿記を乗り越えて、財務・会計に望みます。
11月に簿記2級の試験があります。
これも乗り越えますよ。
 さて、先日花見に行きました。
ちりはじめで風が吹くと雪のように降ってきます。圧巻でした。香りもいいし。
但し一人です。ネオ一眼レフのカメラですが、綺麗に写りました。
先に合格してくださいよ、でないと、追い越しますよ。
お互いしっかりやりましょう。
じゃあ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。